地上の楽園

このブログで久石ネタは初めて?

とある曲のアレンジに参考にと・・。
久石譲「地上の楽園」(94年発売)
5年ぶりくらいに聴いている。

このアルバムはやっぱり熱い。「頑張りすぎちゃってる」所がまた良い・・。
垢抜けていて
どの曲も、どこか変?でどこか不思議・・。
そして重くて、切なくて、面白い。
どの曲も気が抜けない作りになっている。
本人はこのアルバム制作に2年を費やしたと言っているが
ホントに、これだけ力が入っているアルバムもあまりないと思ってしまった。
「地上の楽園」の本当の意味が何となく分かった気がする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

コダマ
2006年04月25日 23:26
ちょうど今日の学校帰りに僕も久しぶり(数ヶ月ぶり、汗)に
久石さんの音楽を聴いたんですが、ほかのアルバムよりも力強さが
はっきりとあらわれていますよね。
個人的に「変な曲」の位置づけの曲もあるんですが(笑)。
「Freedom」を最近の例としてあげてみてもやっぱり
重さが違いますよね。
あ、もちろん「Freedom」がよくない、とかそういう
わけでなくて、です(笑)。
HeeFoo
2006年04月26日 21:42
コダマさんも丁度・・(笑)
力強さもそうですが、パワーが漲っている
というか、最近のアルバムはパワーは無いですが音楽にも「貫禄」がついてきな・・という感じです。「深み」というか。心そのものを表しているんだな・・と。

ん?「変な曲」の位置づけの曲とは?
コダマ
2006年04月26日 22:54
変な曲は…
「She's Dead」とかでしょうか(笑)
「Granada」等はとても好きです。
というか曲よりもその地に行きたかったり…
HeeFoo
2006年04月27日 23:06
She's Deadですか。僕は変といえばやっぱりLost Paradiseでしょうか・・。Granada良いですよね。久石さんの変拍子シリーズ?の中でGranadaが一番好きだったりします。
広楽
2006年05月02日 19:02
好きは好きなんですけど
久石音楽としても普通の音楽としても
これジャンルバラバラすぎですよね

なんで一緒に
詰め込んでしまったんだろ

あ、「ラビリンス・オブ・エデン」
(で 合ってたっけ?)
が好きです。
HeeFoo
2006年05月05日 00:12
確かにジャンルはばらばらですが、共通する何かは
とても強く感じるんですが(笑)
その何かは
よく分かりませんが・・。どの曲もパワーに
満ち溢れているのはとっても感じます。

この記事へのトラックバック