平城京・東大寺・若草山

後編といいましたが、写真が多いのでさらに二つに分けます(笑)
平城京・東大寺編


平城京の大極殿は時代によって建っていた場所が若干違います。
今回復元されたのは第一次大極殿。


画像
第二次大極殿跡より第一次大極殿を望む。


画像
東大寺、若草山をのぞむ

画像
平城京の東院の庭園、奈良時代、天皇のもてなしの場として使われました。

画像
東大寺に移動、5月4日ご覧のように参道は物凄い人でした!
新宿や渋谷より多かったです(笑)

あの広い広い大仏殿に入るのに30分も行列・・・

画像
東大寺南大門 [国宝](1199年再建)
再建ですが、建てられて800年のこの貫禄・・すごい


画像画像
この左右の金剛力士像 [国宝]は、非常に有名。(運慶作)
なんともいえない、凄みを感じました。
1000年以上も人々に感動を与え続けているのを実感しました。


画像

東大寺大仏殿[国宝](743年創建、1190年再建、1691年再再建)
1691年の再建のときに間口が、3分の2に縮小され今の姿になりました。。
それでも世界最大の木造建築としてあまりに有名

画像
小学生のとき以来、大人になって初めてですが、中に入ったときは鳥肌ものでした。
涙を流している人もいました。それくらいの強烈なパワー。


画像
かつては高さ100mに及ぶ七重塔、西塔・東塔、講堂なども存在しました。荘厳すぎる・・・!


画像
2004年に制作された鎌倉時代の再建された2代目大仏殿の模型
鎌倉時代(1190年)に再建されるが1567年に焼失。



画像
中門 [重文](1716年再建)
大仏殿の入り口である中門と回廊、江戸時代中期に再建されました。


画像
三月堂、二月堂にむけ、新緑の季節です。


画像
東大寺周辺は、ご存知、鹿が沢山います。ひょこりと顔をだして、横断しようか迷い中・。


画像
二月堂 [国宝] お水取りの行事で有名・・・斜め感が素晴らしい。


画像
二月堂より奈良市内をのぞむ

画像
そのまま若草山へ向かいました。鹿もいて、人もいて、なんとも新緑が美しすぎる・・


現在編集中・・・・・・

続いて春日大社、大阪・梅田編


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック