アルバム制作 機材いろいろ

アルバム制作最終段階に差し掛かってきました!

最近は3日に一回スタジオに通っているような状態・・

本日も・・・
井荻Sta.の要である、あのアナログミキサーを復活させます。
本ミックスに向けて

画像


そしてモニター環境がさらにパワーアップしました。
業界標準のGENELECのモニターが登場!

木曜のミックスでちゃんとチューニングをしてオーディオインターフィースを変え、出てきた音に感動・・

ピアノをレコーディングしたスタジオのコントロールルームにもあったあのスピーカーです。
スーパーローやローが歪み無く非常にクリアに聞こえるのが大きな特徴で、音楽全体が非常に”良い音”に聞こえます。



要のオーディオインターフィースとしてLucidのAD DAコンバータが、、これによってさらに劇的に音が変化しました。(値段も○○万円・・だとか)
Lucidすごいっす。さすがは業務用高級コンバータのメーカーだけあります。
この機材を通してクリアになった音を再録音してデータ化しミックスダウンする予定です。

画像


今週残りの追加レコーディング、ケーナとクラリネットでいよいよ本ミックスに突入です。
生レコーディングの録り音と、シンセ、ソフト音源などの音を
音楽的に心地よく、精度高く、緻密にミックスしていきます。


その後はマスタリング作業、年々マスタリングの位置が重要度を締めてきている音楽業界、
良い音楽にするも、悪い音にするもマスタリングとまで言われるようになりました。

しかし頼りすぎてもいけない、ミックスダウン段階で”音楽を確立”することも重要。
信頼のおけるマスタリングエンジニアさんに本マスタリングをやっていただく予定です。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

yuma
2010年10月18日 00:24
いよいよですね!
完成楽しみにしております!
HeeFoo
2010年10月18日 18:31
>yumaさん
やっとミックス段階になってきました!
お互い頑張ってきましょう!

この記事へのトラックバック