テーマ:名曲シリーズ

Alone Again

今日は名曲シリーズ第11段です。 作曲家・キーボーディストでもあるギルバートオサリバンの代表曲 Alone Again。 1972年発表、この曲は世界的に大ヒットとなりました。 アメリカでは6週連続ビルボード1位という記録もあるそうです。 もうお馴染みですね。無駄のない洗練されたサウンド。 個性的なヴォーカル。知的な曲想…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

遥かなる影/Close to You

名曲シリーズ第10段 カーペンターズの出世作となった曲。1971年発表です。 まったく色あせることのない、古さを感じさせない透明感のある曲です。 この独特の雰囲気が昔からとても好きでした。 すこし曇った初夏の朝のような、もやっとして透き通った光と影。 http://jp.youtube.com/watch?v=oaOyoV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

I Will Follow Him

久しぶりにこんな時間に投稿です。 最近頻出の名曲シリーズ9段、今日はペギーマーチのI Will Follow Himです。実はかなり前にブログのネタとして書いておいたんですがようやく投稿の曲です。 原曲でもそれなりに有名ですが、それ以上に有名にしたのが 92年の映画 、ウーピーゴールドバーグ扮するシスター達の物語「天使にラブソング…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木星

名曲シリーズ第8段? 時事物が無いときはこれ・・(笑) 1・2ヶ月に一度の不定期です。 ご存知ホルストの惑星組曲から木星です。 惑星組曲の中で最も快活で壮大な曲。 2003年にジュピターとして平原綾香がカバーしたこともあり日本でもかなりの有名な曲となったこの曲。作曲されたのは1914年~1915年、90年あまりにもなります…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

Stand By Me

名曲シリーズ第7段?でしょうか。 不定期すぎて分からなくなってしまいました(笑) Stand By Meです。もちろんBen E Kingのです。 1961年に発表して大ヒット曲となり、1975年にはジョンレノンが カバーして、こちらも世界的に有名になっていますね。 Ben E King(1961) http://j…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アシタカせっ記

名曲シリーズ第5段? 今日はアシタカせっ記を、名曲すぎて今更ですが・・。(笑) 久しぶりに聴くとやっぱりいいですね。10年前にはまって以来、もう何百回も聴いているのに・・。 そういえば丁度10年前の今頃は毎日もののけ姫のサントラばかりを聴いていたなぁ・・なんて。こういうメロディーがあったのか、やられた!という衝撃・・。壮大すぎるス…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

朝のリレー

京都の少年が寝ぼけ眼でたわ言を言っているとき、大津では朝日が昇る。 栗東の少女が布団の中で昨日の夢を見ているとき、野洲では少女のクラスメイトがバスに駆け込む。 近江八幡の老人が布団から起き上がったとき、彦根では正午線を太陽が越える。 ・・・ 朝のリレーならぬ朝のネボーでした。 谷川俊太郎さんの朝のリレーとい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Bridge Over Troubled Water / 明日に架ける橋

いわずと知れたSimon & Garfunkelの名曲中の名曲。 今でもかなり頻繁に聞く曲です。 1970年に発表した同名のアルバムの中の曲で 当時の音楽としては、群を抜く完成度と楽曲の素晴らしさは今も全く 色あせることがなく・・そして二人の透明感あふれるボイスは 天才的なものも感じます。 音楽の最高賞グラミー賞に輝き、19…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Hotel California

いわずと知れた1976年のイーグルスの名曲 60年代、アメリカは期待に満ち溢れて西(ウエストコースト)を目指した 70年代やがてその期待は影を潜め、閉塞感が漂い始める。 そんな閉塞感を架空のホテルカリフォルアを舞台にして 歌ったのがこの曲「ホテルカリフォルア」 印象的なコード進行の12弦ギターから始まるこの曲。 傑作中の傑作…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

青春の光と影/Both Sides Now

青春の光と影(Both Sides Now)という曲がある。 ジョニミッチェル(Joni Mitchell)が書いた曲で、 ジュディコリンズ(Judy Collins)が1969年に同名の映画の主題曲としてカバーしヒットした。 このナンバーはジョニミッチェルの原曲から曲想を変え フォークロックというか、当時としては画期的だったク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

500マイル

ピーター・ポール&マリー(PPMとも呼ばれる)というフォークグループがある。 60年代を中心に一世を風靡し、日本では「パフ」 という曲等が有名であるが、「500マイル」という曲がある。 小さな頃から父親が好きでよく聴いていて、いつの間にか 刷り込まれたのか、この曲を聴くと、聞いたとたんに幼少の頃や 父親の思い出が蘇る。 …
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

旅立ちの日に

中学の卒業式で歌った合唱曲。丁度10年前。 ビデオを整理していたら2004年3月、2005年3月に 某TV局の情報番組の特集を録ったものが出てきた。久しぶりに 観てみて、うる覚えだったピアノも弾いてみる。 「旅立ちの日に」 作詞 小嶋登 作曲 坂本浩美 編曲 松井孝夫 やっぱり良い曲だ。 当時はそうでもなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more